管理運用要領

 松本歯科大学リポジトリ管理運用要領.pdf

松本歯科大学リポジトリ管理運用要領

 (趣旨)

第1条 この要領は、松本歯科大学リポジトリ(以下「リポジトリ」という。)の管理運営の要領を定めることを
      目的とする。

(定義)

第2条 リポジトリ(情報倉庫)とは、松本歯科大学(以下「本学」という。)の職員及び大学院生が作成した
      教育・研究・地域貢献活動の成果物(以下「成果物」という。)を収集・保存し、無償で発信・提供する
      ことにより、本学の教育・研究の発展に寄与するとともに、社会に対する貢献を果たすことを目指す
      システムのことである。

(管理・運

第3条 リポジトリの管理・運用に関し必要な事項は、図書委員会の決定のもと松本歯科大学図書館
      (以下「図書館」という。)が行う。

 

(登録者)

第4条 リポジトリに成果物を登録できる対象者(以下「登録者」という。)は、次のとおりとする。

1)本学に在籍し、又は在籍したことのある職員及び大学院生

2)その他、図書館長が認めた者

(登録対象物)

第5条 リポジトリに登録できる成果物は、次に挙げる要件をすべて満たすものとする。

1)学術的研究成果であること、又は教育的に有用なものであること。

2)登録者が本学在籍中に作成し、又は作成に関与していること。

3電子的フォーマットで作成されているか、電子的フォーマットに変換可能であり、ネットワークを通じて
     配信できること。

4)登録者が登録を希望していること。 

  

(登録の申請)

第6条 登録者は、所定の登録申請書(様式第1又は2)により図書館に申請するものとする。申請により、
      登録者は図書館が成果物を複製・保存・公開(送信)することに同意したものとする。

登録と公開)

第7条 図書館は、登録者から提供された成果物について、著作権法その他関係法令等を調査し、公開について
      支障がないと判断した場合、リポジトリに
複製保存し無償で公開(送信)する。

    2 成果物がリポジトリに登録された後も、著作権は著作権者の下に留保される。著作権者による再利用は
      これを妨げない。

(利用)

第8条 図書館は、リポジトリに登録された成果物の利用について、次の事項を遵守する。

1) リポジトリへの登録及びネットワークを通じて成果物を利用する者(以下「利用者」という。)に
     公開(送信)とする以外の利用を行わない。

2) 利用者が成果物を利用するにあたり、著作権法に規定されている私的利用目的の複製・引用の範囲内で
     利用させることを周知させる。

(削除)

第9条 リポジトリに登録された成果物について、次のいずれかの項目に該当する場合は削除されることがある。

1)登録者から削除申請があった場合

2)図書館長が公開を適当でないと判断し、削除を決定した場合

(免責事項)

10条 リポジトリに登録された成果物の内容に関する責任は、登録者が負うものとする。また、リポジトリに
      登録さ
れた成果物を利用することによって発生した登録者、著作権者又は利用者の損害については、本学は
      一切責任を負わないものとする。

(その他)

11条 この要領に記載されていない事項については、図書委員会において協議決定する。

(改廃)

12条 この要領の改廃は、図書委員会の議を経て、理事会の議決による。

 

 附 則

この要領は、20131010から施行する。


  様式1.pdf  様式2.pdf